SPECIAL

石山タカ明監督からのコメント到着!

「18if」第8話の監督を務めた、石山タカ明監督からのコメントが到着しました。
本作にかける想いを語った監督のコメントをご覧いただき、
石山監督担当回の世界をより深く味わっていただけますと幸いです。

 

監督 ……石山タカ明
担当話数 ……第8話

 


 

「18if」第8話

サブタイトルの、THRESHOLD (スレッショルド) とは、しきい値の事で、
境目となる値、のことです。 簡単に言うと余計な音をカットする、音のレベルのポイントのことです。
日常ではいろいろな音に囲まれて生活している中で、
心地よい音も、気分を害する音も。安らぐ声も愛情もある半面、聞きたくない言葉も、
知りたくもない情報も溢れています。
しかし、それは聞こえてきている情報だけが本当に、大切なものなのでしょうか?
無意識のうちに、手に触れることが出来る事すら、シャットアウトして、
自分だけの世界に閉じこもってしまうことは、実にもったいないのではないかと思います。
人それぞれの考え方はありますが、私は、心のスレショルドレベルを、
ちょっと広げることで違った光景が広がり、また生きていく、
深みと、うま味がより濃厚になっていけたらいいなと思い、
遥人君の夢の中で起きた体験として描いてみました。

20数分の作品ですが、短編映画として、視聴していただけた皆様の心の、
スレッショルドレベルが少し変化させることが出来たらこの上なく嬉しいです。